So-net無料ブログ作成
検索選択
にきび ブログトップ

にきびはなぜ顔に出来るのか? [にきび]

にきびはなぜ顔に出来るのかについて紹介したいと思います。

にきびは多くの場合、ほほや額に出来やすいといわれています。ほかにも体の部分で言うと、にきびは背中や胸にも出来やすいです。

顔や背中、胸の部分になぜにきびが出来やすいのか、その理由は共通していて、皮脂腺が集中していることによってにきびが出来やすいといわれているんです。皮脂腺というのは毛穴の部分に開口していて、皮脂腺で作られた皮脂は毛穴を通って皮膚の表の部分に出てきます。その毛穴から皮脂が炎症を起こしたために出来てしまうんです。なので思春期になると皮脂腺が活発になって肥大し、活発に生成されることからにきびが出来やすくなるというわけなんですね。

このことから、皮脂腺が顔に沢山ある体質の人ほどにきびが出来やすくなります。

にきびは思春期の学生などの悩みの一つですが、これは皮脂が活発になることによって起こる炎症なんですね。

mi.jpg
にきび ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。